診療内容・コンタクトレンズ

診療内容のご案内

主な対象疾患
  • 屈折異常

    近視、遠視、乱視、老視の診療、眼鏡処方など。
    近視進行抑制についてもご相談ください。

  • 前眼部疾患

    結膜炎、眼瞼炎、涙道疾患、ドライアイなどの診療や麦粒腫などの小手術を行っています。

  • アレルギー性結膜炎

    花粉症などのアレルギー性疾患に対し、原因抗原の検査や、舌下免疫療法を行なっています。

  • 白内障

    当院では、白内障手術は行なっておらず、ご希望の医療機関にご紹介しています。手術の相談、手術前後の管理を行なっています。

  • 緑内障

    2種類の視野検査装置やOCT(光干渉断層装置)を使用し、初期からの診断や治療を行なっています。

  • 各種眼底疾患

    糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、加齢黄斑変性症などの眼底疾患について、OCT(光干渉断層装置)を用いて初期からの診断が可能です。

コンタクトレンズ

コンタクトレンズ診療
コンタクトレンズ診療
眼科でのコンタクト処方は、視力低下の原因を検査・診察した上で、処方を行います。視力低下の原因として病気が潜んでいないか、あるいは治療が可能なものであるかを見極めて、適切なアドバイスを行います。
また、コンタクトレンズに関連した角膜炎や結膜炎などの眼障害の治療を行なっています。
コンタクトレンズは、眼に直接触れるものです。
正しい使用法を守り、自覚症状が無くても、定期的な眼科検診を受けてください。

コンタクトレンズについての注意事項

・処方箋の発行は行っておりません。
・商品の在庫はございませんので、商品の注文からお渡しまで数日かかります。